選挙管理計画
Letter from Chief Elections Officer

Post

2018年3月16日

有権者の皆様:

「カリフォルニア州有権者による選択法(California Voter’s Choice Act)」(上院法案450)に向けたサンマテオ郡の 選挙管理計画(EAP)をここに提示いたします。この画期的な法案は、サンマテオを含む14の郡において、2018年よりすべての選挙を全郵送・投票センター選挙として実施することを許可するものです。サンマテオ郡は、2018年6月5日の州直接予備選挙を、「カリフォルニア州有権者による選択法」の条項に基づいて初めて実施する州内の5郡の一つに選ばれています。

サンマテオ郡のEAPは、数ヵ月におよぶコミュニティによる広範なレビューとインプットの過程の集大成です。このEAPは「カリフォルニア州有権者による選択法」に基づく選挙管理情報の詳細を市民の皆様に提供することを目的として作成されました。EAP はまた、サンマテオ郡における有権者向けの教育およびアウトリーチ計画も含んでおり、 すべての有権者、とりわけ障害を持つ有権者および言語的少数派の有権者の利用しやすさを向上させる郡の教育とアウトリーチに関する計画の詳細を概説しています。

EAPは、一般市民のみなさん、サンマテオ郡の投票アクセシビリティ諮問委員会(VAAC)および言語アクセシビリティ諮問委員会(LAAC)との協議によって作成されたものです。加えて、本法が規定する3回の公聴会において受領したコメントが組み込まれています。公開レビュープロセス期間に受領したすべてのコメントおよび EAPに組み込まれたコメントは、「Public Comments to Draft EAP and Responses(EAP草案へのパブリックコメントおよび対応)」と題する本計画のセクションに掲載されています。

EAPは最終承認を受けるため正式に州務長官に提出されました。州務長官による審査と承認のプロセスは2018年4月2日までに完了します。州務長官の承認を受けると、サンマテオ郡のEAPは「カリフォルニア州有権者による選択法」に基づく正式な選挙管理計画となります。

「有権者による選択法選挙管理計画」の作成に参加いただいたサンマテオ郡の有権者の方々および利害関係者の皆さんが、すべての人々への投票機会拡大に熱心に取り組んでくださったことに対して、個人的にお礼を申し上げます。

「カリフォルニア州有権者による選択法」またはEAPに関してご質問がおありの場合は、登録・選挙部門に電話(650.312.5222)またはEメール(registrar@smcacre.org)でご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

マーク・チャーチ