選挙管理計画
有権者教育およびアウトリーチ計画

Post

概要

「カリフォルニア州有権者による選択法(VCA)」は、「投票センター」や「投票用紙投函」場所、障害を持つ有権者と英語以外の言語を選択する有権者に固有の情報を含む、VCAのあらゆる側面を有権者に伝える「有権者教育およびアウトリーチ計画」の開発を郡に義務付けています。これらのグループの立場を擁護する、またはこれらのグループにサービスを提供するコミュニティの組織や個人との公聴会が開催されます。また、サンマテオ郡では、スペイン語、中国語、フィリピン語、韓国語を話す人々が利用できる通訳を伴った一般向け教育ワークショップを複数回開催します。郡主催の一般向けの全てのイベントはADA要件に準拠しています。

サンマテオ郡では、投票アクセシビリティ諮問委員会(VAAC)と言語アクセシビリティ諮問委員会(LAAC)と共同で、有権者教育およびアウトリーチ計画を作成しており、州務長官にこれを提出して見直しと承認を受けることになります。

2015年11月3日の「全郵送投票選挙」に先立って行われたコミュニティアウトリーチと市民の認識を高めるための取り組みと同様に、サンマテオ郡ではこの新しい選挙モデルに対する認識を高めるために、コミュニティの組織、団体、学校、その他のグループに接触します。この取り組みでは、ダイレクトメール、報道機関(学生新聞を含む)、ソーシャルメディア(フェイスブックやツイッターなど)、視聴者制作メディア(パブリックアクセスメディア)を利用する広範なメディアキャンペーンと組み合わせてVCAの実施を発表します。キャンペーンでは、通話料金無料の有権者支援を推進し、有権者が利用可能な形式の投票用紙の取得方法を伝え、多言語によるサービスと聴覚障害を持つ有権者に対するアクセシビリティを提供します。 

登録・選挙部門はコミュニティのイベントを主催する組織と補遺に掲載されているコミュニティ組織に働きかけていきます。コミュニティのイベントとコミュニティパートナーのリストは、新しい組織やイベントの追加および/変更に伴って更新されます。

関連の事業

サンマテオ郡はソーシャルメディアを通じて、SOSの超党派「Democracy at Work(デモクラシーアットワーク)」プログラムを促進していきます。「デモクラシーアットワーク」プログラムは、ビジネス、政府機関、および非営利組織がSOSと連携して、従業員や一般有権者の有権者登録および投票率の上昇を目指すイニシアチブによって、市民参加の拡大を奨励するための機会を提供します。

コミュニティパートナー

登録・選挙部門は、有権者へのアウトリーチを支援するために200以上のコミュニティパートナーに対して、この新しい投票モデルについての情報を提供してきました。選挙担当者はコミュニティのイベントに参加し、さまざまな組織へのプレゼンテーションを行い、関心を持つ個人やグループに対して教育とアウトリーチを支援するトレーニングを実施しています。今後のコミュニティイベント、コミュニティパートナー、選挙管理人の連絡先情報は補遺に掲載されています。これらのリストは新たなイベントやパートナーの追加や変更があるたびに更新され、新たな情報はこれらのリストに追加されます。このリストの最新情報は www.smcacre.org を参照してください。

サンマテオ郡はコミュニティパートナーのリストに大学組織、退役軍人および他の擁護団体を追加しました。コミュニティパートナーは、オフィスに組織のニュースレターやウェブサイトの記事を含むチラシを置く、またはVCAに関する情報をクライアント、メンバー、および/もしくは住人に発表する際に選挙担当者を招くなど、シンプルな方法で支援を提供できます。プレゼンテーション、チラシ、よくある質問(FAQ)などの教育ツールは、サンマテオ郡の選挙ウェブサイトからダウンロードすることができます。また、タワーロード(Tower Road)にある登録・選挙部門ではコピーを手に入れることができます。オンラインツールキットには、様々なニーズに合わせてカスタマイズできるメッセージ、グラフィック、その他のリソースが含まれます。

郡の担当者は、生徒の選挙登録および事前登録のため、およびVCA選挙モデルについて生徒に説明するために、引き続き地元の高校を訪れます。サンマテオ郡内の大学は2018年6月5日の選挙の投票期間中には通常の授業を行っていませんが、登録・選挙部門は関心のある学内組織には事前に情報を提供します。

個人有権者によるネットワーク

アウトリーチと教育活動は組織に限定されるものではありません。個人有権者も、登録・選挙部門に対して、投票への障害を警告し、新しい投票モデルへの幅広い認識確保に向けた解決策を提供するための支援ネットワークの一環を務めることができます。本部門では、これを目的としたウェブサイトの連絡フォームを開発しており、コメントを受領するための連絡先情報を投票センターで提供する予定です。

郡の教育ワークショップに参加する有権者には、「Ask me about San Mateo County’s Voter’s Choices – choosing when, where and how to vote(サンマテオ郡の有権者による選択-いつ、どこで、どのように投票するかの選択について私にたずねてください)」などの文章が記載されたバッジが用意されます。

将来的には、登録・選挙部門では投票への障害に対処し、広範な投票率の確保に重点的に取り組む有権者参加諮問委員会を設置する可能性があります。

英語以外の言語を選択する有権者

アウトリーチの取り組みの一環として、サンマテオ郡では英語以外の言語の使用を選択する有権者へのアウトリーチの継続と拡大を行います。

サンマテオ郡在住者を対象としている全てのメディア機関に配布されるニュースリリースでは、 通話料金無料の有権者支援ホットラインについて発表しますが、このホットラインは複数言語によるサービスも提供します。また、スペイン語、中国語、フィリピン語、韓国語の報道機関の広告を購入して有権者支援ホットラインを広く知らせることに努めます。

言語支援を必要とする投票センターの特定は、米国国勢調査のデータに基づき、カリフォルニア州の州務長官によって行われました。追加の特定はサンマテオ郡のLAACが提供する意見を含めた、一般市民からの意見提供プロセスによって行われます。

英語以外の言語によるメディアを含むメディアパートナーは補遺に掲載されています。サンマテオ郡ではパプリックコメントからの追加のメディアパートナーをEAP草案に含めました。

障害を持つ有権者

サンマテオ郡は、長年にわたり、障害を持つ有権者と協力して民主的なプロセスにおいてアクセシビリティを拡大することに関与してきました。登録・選挙部門のウェブサイト(www.smcacre.org)では障害を持つ有権者向けに、「障害者がアクセス可能な設備である電子投票端末(eSlate)」、「郵送によるアクセス可能な投票システム」、投票センターに関するADA準拠要件、VAACなどの詳細を含む情報やリソースを提供しています。サンマテオ郡はまた、これらのリソースに関する情報を病後療養所、「Lighthouse for the Blind and Visually Impaired(視覚障害者のためのライトハウス)」、「Vista Center for the Blind(視覚障害者のためのビスタセンター)」、サンタクララバレー・ブラインドセンター、「Center for Independence of Individuals with Disabilities(障害を持った個人の自立のためのセンター)」、「San Francisco Independent Living Resource Center(サンフランシスコ自立生活リソースセンター)」およびペニンシュラボランティア – ミールズオンホィールズにも提供しています。

サンマテオ郡在住者を対象としている全てのメディア機関に配布されるプレスリリースでは、 通話料金無料の有権者支援ホットラインについて発表しますが、このホットラインは聴覚障害を持つ有権者にアクセシビリティも提供します。

障害を持つ有権者は、投票用紙または電子投票機を自宅に配達してもらうことを請求できます。障害を持つ有権者は、手持ちのパーソナルコンピューターを使って、「郵送によるアクセス可能な投票システム」によって投票用紙をダウンロードして記入することも可能です。また、投票センターのスタッフは、投票所外での投票(curbside voting)に際して、紙面の投票用紙や「障害者がアクセス可能な設備である電子投票端末(eSlate)」を車まで持参することもできます。

ほとんどの投票センターには、サムトランとサンマテオ郡のバスサービス経由で行くことができます。通常のサムトラン・バスサービスを時折または常に独力では利用できない障害を持つ有権者は、郡のパラトランジットを利用できます。サンマテオ郡輸送地区(San Mateo County Transit District)は、郡のベイサイドではRedi-Wheels(レディホィールズ)を、コーストサイドではRediCoast(レディコースト)を使用してパラトランジットを提供しています。乗車希望者は1~7日前に電話をして利用予約ができます。登録・選挙部門ではパラトランジット・コーディネーターと連携して、障害を持つ人々の投票機会を拡大しています。

障害を持つ有権者がパラトランジットを使って最寄りの投票センターに行くための予約ができない場合は、登録・選挙部門に連絡をして、往復の乗車(郡内)を提供する交通サービスの手配と支払いをすることもできます。

参加における格差への取り組み

市民の皆さんはオンライン(registertovote.ca.gov)で直接に有権者登録をすることが可能です。また、サンマテオ郡の選挙ウェブサイト(www.smcacre.org)のリンクを使って州の有権者登録ウェブサイトにアクスセスすることもできます。さらに、登録・選挙部門、市役所、郡全域の図書館と郵便局で有権者登録用紙を手に入れることもできます。低所得世帯および障害を持つ個人に奉仕する郡の機関からはクライアントに有権者登録用紙が提供されます。車両管理局(DMV)と州務長官は、AB 1461が規定する新規のドライバー投票者プログラムの確立に努めています。この新規プログラムは、有権者登録への不参加を選択しない限り、投票する資格のあるすべての人物をDMVでの処理中に自動的に登録するものです。これは2018年4月の開始が見込まれています。また、登録・選挙部門は要請があれば登録用紙の郵送も行います。

州務長官は低所得世帯および障害を持つ個人に奉仕する郡の機関に全米有権者登録法(NVRA)のリソースとトレーニングを提供しています。これには次の機関が含まれますが、これらに限定されません:CalFresh CalWORKs(カルフレッシュ・カルワークス)、Medi-Cal(メディキャル)、Women, Infants, and Children(WIC:婦人児童向け栄養強化計画)、In-Home Supportive Services(インホーム・サポーティブサービス)、Covered California(カバード・カリフォルニア)、California’s health benefit exchange(カリフォルニアズ・ヘルスベネフィット・エクスチェンジ)、Department of Rehabilitation-Vocational Services(デパートメント・オブ・リハビリテーション-職業サービス)、Independent Living Centers(インディペンダント・リビングセンター)、Department of Developmental Services Regional Centers(デパートメント・オブ・ディペロップメンタル・サービス地域センター)、 Office of Deaf Access(オフィス・オブ・デフアクセス)と契約を結んでいる事務所、州および郡の精神衛生課および行動保健課、およびこれらの課との契約に基づいてサービスを提供している個人開業医。サンマテオ郡では要請があれば、追加の情報とトレーニングをこれら組織のコーディネーターやスタッフに提供します。

 EAP草案には、サンマテオ郡在住者にセーフティネットサービスを提供する8つのコアサービス機関のうち6つが含まれていました(Coastside Hope(コーストサイド・ホープ)、El Concilio of San Mateo County(サンマテオ郡のエルコンシリオ)、Fair Oaks Community Center(フェアオークス・コミュニティセンター)、Pacifica Resource Center(パシフィカ・リソースセンター)、Puente de la Costa Sur(プエンテ・デ・ラ・コスタスール、サマリタンハウス)。EAP修正草案にはDaly City Community Service Center(デイリーシティ・コミュニティサービスセンター)とYMCA Community Resource Center(YMCAコミュニティリソースセンター)が追加されます。

サンマテオ郡では、郡の矯正施設内の受刑者に伝えるための、投票権についての情報を定期的に郡保安官事務所に提供しています。こうした情報は、Service League of San Mateo County(サンマテオ郡サービス同盟:受刑者向け)および David E. Lewis Community Reentry Center(ディビッド E. ルイス・コミュニティリエントリーセンター:元受刑者向け)にも提供されることになります。

サンマテオ郡輸送地区では、ブリスベン、デイリーシティ、イーストパロアルト、フォスターシティ、ハーフムーンベイ、メンロパーク、サンカルロス、サンマテオ、サウスサンフランシスコにおいて、無料のコミュティシャトルバスを提供しています。また、ペニンシュラ・ジューイッシュ・コミュニティセンターでは、Get Up & Go(ゲットアップ&ゴー)プログラムの一環として、車を運転しない高齢者向けに低費用でドアツードアの、車椅子で利用可能なバスと車によるサービスを行っています。コミュニティの皆さんは、非営利機関のOUTREACH(アウトリーチ)が管理しているオンラインで検索可能なデータベース(www.onecalloneclick.org)を利用して、サービスの所在地を探したり、担当者と会話をすることができます。また、OUTREACH(アウトリーチ)のモビリティマネージャーに電話をかけて(電話番号:408-436-2865)、1対1のサービスを受けることもできます。

人口が少ないために固定会場の設置が必要とされない地理的遠隔地域に対応するために、ペスカドロとラホンダには移動型投票設備が用意されます。

有権者への直接連絡

2015年11月3日の「全郵送・投票センター選挙」について有権者に知らせる方法としては、郡から有権者への直接連絡が最も効果的でした。

新しい選挙モデルについて有権者に知らせることを目的として「投票用紙見本&公式有権者情報パンフレット」と「郵送投票用投票用紙」に記載の情報に加えて、3枚のハガキが予定されています。最初に郵送されるハガキでは登録有権者全員に新投票モデルについて知らせます。2回目のハガキは、それまで郵送用投票用紙を受け取っていない有権者に対して、今後の投票用紙郵送について通知し、投票センター情報を提供します。3回目のハガキは、選挙の終盤戦に発送されますが、まだ投票用紙を郵送していない有権者にそのことを思い出させるとともに、予備の投票用紙を手に入れるための情報と投票センターの所在地に関する情報を提供します。 

2015年11月3日の全郵送投票選挙で使用したハガキの例が本計画の補遺に含まれています。

公共広告 

映像や字幕の要請に応えて、テレビ向け公共広告(PSA)の台本が、聴覚障害の有権者に配布されます。ラジオの台本では、これら有権者に伝わるようラジオ局に対して局のウェブサイトに情報を掲載することを要請しています。

アートワーク(さし絵やイラスト)は、サンマテオ郡から入手でき、印刷物やオンラインのPSA向けに、また行政機関とコミュニティパートナーによるソーシャルメディアやニュースレターで使用することができます。印刷物のPSAには、視覚障害者向けに音声によるお知らせを関連ウェブサイトに掲示することが要請されます。 

サンマテオ郡は、郡内で活動するスペイン語、中国語、フィリピン語、韓国語のメディア機関にPSA用の台本を提供します。この台本は有権者に間もなく行われる選挙について知らせるとともに、通話料金無料の有権者支援ホットラインを推進するものです。アートワークも利用可能です。

予算

2018年6月5日州直接予備選挙では有権者教育とアウトリーチに$241,000を割り当てています。さらに、登録・選挙部門が図表による資料やアウトリーチ資料、市民向けプレゼンテーション、コミュニティアウトリーチのイベントの準備に対する組織内支援を提供します。

この予算によって新聞、テレビ、ラジオ、ソーシャルメディアの広告の購入が可能になります。この資金の一部は言語翻訳と点字作成に配分されます。アウトリーチ予算には登録有権者宛てダイレクトメールの印刷代と郵送費用が含まれていません。この目的のために$200,000の追加資金を2018年6月5日州直接予備選挙予算に加えることが必要になります。

加えて、「有権者による選択」カリフォルニア連合はコミュニティに拠点を置く組織に対して、VCAアウトリーチプログラムにおける支援を得るために補助金を提供しています。「有権者による選択」カリフォルニア連合および補助金プログラムに関する情報は https://voterschoice.org/で手に入れることができます。